仮想通貨取引所に口座を開設をする

ビットコインを購入するにはまず仮想通貨取引所に口座を開設をする必要があります。
国内の有名な仮想通貨取引所は3つあります。

ビットフライヤー
コインチェック
Zaif

3つ使ってみて一番わかりやすくて使いやすいのがコインチェックでした。
初心者の方はまずコインチェックを使うのをお勧めします。

それぞれメリット・デメリットがあるのでまずはコインチェックを使ってみて、合わなかったら他の取引所に行くと良いです。

>>コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ユーザー登録方法


アカウント作成
アカウント作成


メールアドレス、パスワードを入力して
アカウント作成』を押します。

※パスワードは16文字以上にして強固なものにしましょう。
※パスワード管理には『1Password』がお勧めです。有料ですが自分の資産を守るためなら安い投資です。

メールアドレスを確認
メールアドレスを確認


メールアドレスの確認のため、登録したメールに届いたURLをクリックします。

届いたURL
届いたURL


届いたURLをクリック。
コインチェックのページが開きます。

本人確認


これでメールアドレスの確認は完了です。
英語で表記されてしまう場合は「日本語で表示」を「はい」に。

本人確認書類を提出


本人確認書類を提出します。
電話番号の確認と、本人確認書類の写真をアップロードして送信すると、住所確認のためのハガキが送られてきます。

電話番号認証


電話番号認証



  1. 電話番号を入れてSMSを送信します。
  2. 送られてきた番号を入れて認証します。
電話番号が認証されました




電話番号が認証されました。
次に本人確認に必要な提出書類をアップロードします。

本人確認書類


本人確認に必要な提出書類をアップロード


必要事項を入力し、本人確認書類をアップロードします。

本人確認に必要な提出書類と郵送ハガキについて』は公式のページをご覧ください。
※クリックで開きます。

各種重要事項


重要事項の承認


重要事項の承認をします。重要事項を全て確認したらチェックを入れて『各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する』をクリックします。

コインチェック側で本人確認が出来たらハガキが送られてきます。
確認からハガキ到着まで2~3日でした。

ハガキ


ビットフライヤーだと約4~5日、ZAIFだと2週間以上かかったので、コインチェックはとても速いですね。

これで本人確認が完了し、全ての機能が利用できるようになります。

二段階認証


二段階認証は『必ず』行ってください。
全世界でハッキング被害が起きています。直接取引所がハッキングされない限りは、二段階認証をしている限りはまず大丈夫でしょう。

二段階認証
二段階認証


お使いのスマホに対応しているアプリをインストールします。
二段階認証ページに書かれているリンクをクリックすると、アプリダウンロードページが開きます。

設定する』ボタンを押します。

インストールしたGoogle Authenticator認証システムを開きます。
※下記の画像はAndroidアプリ『Google Authenticator』になります。

Google Authenticator


+』ボタンをタップ。

『バーコードをスキャン』をタップ


バーコードをスキャン』をタップ

バーコードを読み込みます。


バーコードを読み込みます。

コインチェック専用の認証番号


コインチェック専用の認証番号が出来ます。
この番号は時間が経つと変わります。

発行された番号を入力


発行された番号を入力して『設定する』ボタンをクリックします。
これで二段階認証は完了です。

次は実際にビットコインを購入してみましょう。


コメント

このブログの人気の投稿

DECENT.BET(ディセントベット)ICOの参加方法

DECENT.BET(ディセントベット)DBETSトークンの購入方法

DECENT.BET(ディセントベット)ICOの参加方法 ~その2~